全国の映画祭を、あなたのもとへ。

Message

映画ファンに映画の新しい楽しみ方を提供したい。私たちU-NEXTはそんな想いから、2013年に映画館との提携を強化し、U-NEXTポイントを映画チケットに交換できる仕組みを導入。さらに、コロナ禍においては劇場公開から間もない映画をU-NEXTで配信する「オンライン公開」を実施するなど、映画と配信の新しい関係を模索し続けてきました。

そして、2020年からは全国の映画祭と連携し、映画祭で上映されるユニークな作品の配信をスタート。いつでも好きな場所で映画祭を楽しめるという、これまでにない体験をお届けしています。

映画を観るよろこびを、もっと多くの人へ。U-NEXTはこれからも新たな作品との出会い、新たな才能の発掘の場である映画祭を応援していきます。

配信中/近日配信開始の映画祭上映作品

第14回下北沢映画祭(2022)

【公式サイト】https://shimokitafilm.com/

【開催期間】2022年9月23日(金・祝)〜9月25日(日)

【配信期間】2022年9月26日(月)12:00 〜2022年12月31日(土)予定

【配信形態】見放題(1作品のみレンタル/ポイント利用可)

配信概要・主催者からのコメント

音楽や演劇、ファッション、グルメなど、下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切り口にした下北沢映画祭。実写、アニメ、ドキュメンタリーなどジャンルは不問で、2022年はコンペティションへの応募総数390作品の中から厳選された7作品を上映。U-NEXTではこの中から7作品を、映画祭翌日から配信予定。

下北沢映画祭実行委員会代表 平井万里子氏コメント

実写やアニメ、ドキュメンタリー、アートフィルムなど、毎年ジャンルを問わずに公募を行なっている下北沢映画祭のコンペティションも14回目を迎えました。

多種多様な文化とさまざまな世代が行き交う日々の暮らし。変わるものと変わらないものが共存している下北沢の街のように、多彩で枠にはまらず、個性的だけど奇抜すぎず、誰かの心に寄り添ってくれる7作品が集まりました。この街のライブハウスや小劇場からスターがたくさん生まれたように、下北沢映画祭を通して新しい映画の才能を発見していただきたいと願っています。

PIA FILM FESTIVAL

第44回ぴあフィルムフェスティバル

【公式サイト】https://pff.jp/

【開催期間】2022年9月10日(土)〜9月25日(日)

【配信期間】2022年9月10日(土)12:00〜2022年10月31日(月)23:59 (予定)

【配信形態】レンタル(ポイント利用可)

配信概要・主催者からのコメント

「新しい才能の発見と育成」「映画の新しい環境づくり」をテーマに、1977年から続いている映画祭。映画監督の登竜門として知られ、メインプログラムである“自主映画”のコンペティション「PFF アワード」からは黒沢清、園子温、橋口亮輔、矢口史靖、熊切和嘉、李相日、荻上直子、内田けんじ、石井裕也など、160名を超えるプロの映画監督を輩出し、日本の映画文化を底支えしている。9月10日開幕の「第44回ぴあフィルムフェスティバル」で上映される最新の「PFFアワード2022」も配信決定。また、過去のPFFアワード入選作品の中から約150作品を見放題で配信中。

PFFアワード2022:https://video.unext.jp/browse/feature/FET0005370 ※10月31日(月)まで

過去の入選作(見放題):https://video.unext.jp/browse/feature/FET0010060




TOKYO青春映画祭

【公式サイト】https://tyff.tnx.cc/

【開催期間】2022年6月4日(土)〜6月5日(日)

【配信期間】2022年7月8日(金)12:00 〜

【配信形態】見放題

配信概要・主催者からのコメント

エンタメプロデューサーつんく♂が自身のサロン内で「中2に見えるヒロイン募集」をスタートしたところから始まった、世界でもめずらしい「青春」をテーマにした映画祭の第2回。「甘酸っぱい」「ほろ苦い」「思春期の笑顔・涙・汗」や、「熱血」「社会問題」「友情問題」「家族関係」など、テーマが「青春」であれば誰でも参加できるユニークさが魅力。

TOKYO青春映画祭総指揮 つんく♂氏コメント

ついに第二回目のTOKYO青春映画祭の開催です!
まずは映画祭にエントリーくださった皆さん!本当にありがとうございました。
応募総数200作弱の作品の中から「日本におけるTOKYO」というフレーバー。
「青春」というフレーバーのする作品24作が選考されました。
昨年より一層「青春率」の高い作品が集まっており、その「胸キュン」具合は半端ありません。
青春映画となれば「インパクト」や「恋愛の切なさ」だけでがフィーチャーされがちですが、青春の途中にある「じれったさ」や「ほろにがさ」「くやしさ」や「まどろっこしさ」など、いろんな角度から「青春」って表現出来るんだなぁ〜って感じさせてくれる作品が多数ありました。
映画の内容はもちろん、キャストの演技や、脚本の台詞回しの妙、カメラワーク等、細部までじっくりチェックください!
それだけでなく、主題歌もこだわった作品が多いので、1本1本、最後の最後までじっくり見てくださいね!
監督、脚本家、キャスト、スタッフの皆さん、そして、応援くださる皆さんにとって、いつまでも心に残る映画祭となりますように!

京都国際学生映画祭

【公式サイト】https://www.kisfvf.com/

【開催期間】2022年2月11日(金)〜2月25日(金)

【配信期間】2022年7月22日(金)12:00 〜

【配信形態】見放題


京都を中心とする関西圏の大学生が主体となり企画・運営を行う日本最大の国際学生映画祭。学生が制作した自主映画を世界各地より集め、未来の映画人を担う人材・才能の発掘を目的としている。今回は、過去上映作品を含む4作品を配信。

配信概要・主催者からのコメント

京都国際学生映画祭 副実行委員長 近藤豊嗣氏

京都国際学生映画祭は、京都を中心とする学生が主体となり、企画・運営を行う日本最大級の国際学生映画祭です。学生が制作した自主映画を世界各地より集め、実行委員が審査をし、上映する機会を学生が作り出し、未来の映画人を担う人材・才能の発掘を目的としています。

全世界から集まった300作品以上の中から、1次、2次審査を経て、コンペティション部門の対象となる約16作品 を選出します。そして、最終審査員と実行委員で行う審査会によって、グランプリをはじめとする受賞作品を決定します。昨年度は、入選作品が18作品、最終審査員が4人という、本映画祭史上初となる体制で行いました。

 本映画祭は、今年で25周年を迎えます。今まで、続いてきた歴史に思い巡らすと同時に未来に繋げる節目の年とも感じております。私たち実行委員は、一心専念に制作された学生映画を、より多くの人に届けられるように、様々なイベントや本祭の開催に向けて、 日々活動しています。この度のオンライン配信では、皆様にご覧 いただき、学生が作品に投影する熱量や想いといったものを感じていただければ嬉しく思います。

 第25回も昨年同様、2023年2月に本祭の開催を予定しております 。是非とも、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

U-NEXTでこれまでに配信した映画祭

  • チガサキオンライン映画祭(茅ヶ崎映画祭)(2021)

映画に対する想い、noteで発信中です。

  • U-NEXT 映画部
  • U-NEXTで映画の買い付けや特集づくりを担当する映画部のスタッフたちが、今観てほしい映画を愛たっぷりに綴ります。こちらもぜひご覧ください。
    U-NEXT映画部/ユーネクスト